slider image slider image slider image slider image slider image

【高校バスケ】平成30年度横三地区・湘南地区大会 最終結果
2018年7月16日(月・祝)に最終日を迎え、横三地区と湘南地区大会が終わりました。平成最後の夏の地区大会はどうなったのか、結果を見てみましょう。【横三地区】 ■男子優勝:横須賀学院(3年連続)2位:逗葉3位:横須賀総合4位:湘南学院■女子優勝:湘南学院(6年ぶり)2位:横須賀大津3位:逗葉4位:逗子http://www.ybba.net/file/highschool/H30/H30YM300716T.pdf上記のような結果となりました。横須賀学院は平成28(2016...

【高校バスケ】平成30年度西相地区・湘南地区大会組合せ&注目選手
今回は西相地区と湘南地区の組合せと注目選手を紹介します。注目選手に関しては、当アカウントのフォロワーさんに詳しい方がおり、その方からの情報提供になります。ありがとうございます!湘南地区西相地区@boxscore_24さんのツイートより 注目選手ですが、フォロワーさんからの情報を元に、男子3選手を挙げたいと思います。立花学園の神谷くん、平塚湘風の手塚くん、湘南工大附の鈴木くんです。立花学園の神谷くんはスキル...

【高校バスケ】平成30年度横浜地区大会組合せ&注目選手
北相地区に続き、今回は横浜地区の組合せと注目選手を取り上げたいと思います。通称「Yカップ」は、冬の大会は1次と2次がありトーナメントで優勝を競いますが、夏の大会はブロックに分かれての組合せです。■女子先日の【観戦記11】でも書きましたが、年間優秀選手に選出された市ケ尾の原さんは注目選手です。ポイントガードとして重要な「冷静さ」「視野の広さ」「キープ力」があるように感じたのと、プレイの端々に瞬発力・俊敏性...

【高校バスケ】北相地区の夏季大会組合せ&注目選手
インターハイ予選も終わり、ほとんどの3年生は引退しました。7月の大会からは新チームのお披露目です。11月の新人戦支部予選会、年始の県大会に向けて、今から観ておきたいチームはたくさんあります。この時期も体が1つでは足りないですね(汗)そこで、北相地区・横浜地区の組合せと注目選手をピックアップしたいと思います。最初は北相地区です。■男子まずは北相地区男子の注目選手です。スリーポイントシューターからピックア...

【中学】平成30年度 横浜市中学校総合体育大会バスケットボールの部 男女1、2回戦結果
2018年7月7日(土)に女子1、2回戦、7月8日(日)に男子1、2回戦が行われました。【男子途中結果】まず、新人戦の結果を振り返ってみましょう。優勝:原2位:山手中華3位:釜利谷4位:平楽5位:東永谷・名瀬7位:蒔田・上の宮9位:十日市場・平戸・横浜旭・中山・万騎が原・本郷・東山田・中川西続いて、選手権予選の結果を振り返ってみましょう。優勝:原2位:山手中華3位:万騎が原4位:釜利谷5位:岩崎・平楽7位:東永谷・蒔田9...

【高校バスケ】平成30年度横三地区・湘南地区大会 最終結果

2018年7月16日(月・祝)に最終日を迎え、横三地区と湘南地区大会が終わりました。平成最後の夏の地区大会はどうなったのか、結果を見てみましょう。



【横三地区】
H30横三0716 

■男子
優勝:横須賀学院(3年連続)
2位:逗葉
3位:横須賀総合
4位:湘南学院

■女子
優勝:湘南学院(6年ぶり)
2位:横須賀大津
3位:逗葉
4位:逗子


上記のような結果となりました。横須賀学院は平成28(2016)年度から3年連続の優勝を飾りました。平成25年度の結果が不明なのですが、湘南学院はおそらく平成24(2012)年度以来の優勝となりました。


男女ともキーになったのが準決勝の逗葉‐湘南学院のカード。どちらも1点差でした。男子は1点差で逗葉が勝ち、女子は1点差で湘南学院が勝ちました。以上のことから、男子の逗葉と横須賀総合、女子の逗葉と横須賀大津が対戦した際、どうなるのか見てみたいですね。

また、男子の修悠館は逗葉とオーバータイムにもつれる接戦を演じ、わずか1点差で敗退しました。あまり耳慣れない校名ですが、以下の説明にあるとおりのようです。

通信制の県立高等学校。新設ではあるが、2007年度末の神奈川県立湘南高等学校と神奈川県立横浜平沼高等学校の通信制が集約されたものである。学校所在地は旧和泉高等学校と同じであり、設備も旧校のものを継承している。
特色として、本校の通信制には陸上自衛隊高等工科学校の生徒(高等工科学校生徒)が高卒資格取得のために集団入学しており、スクーリングは行わないものの「横浜修悠館」の名義で各種クラブ活動を行なっている。

いずれにしろ、逗葉をあと一歩のところまで追いつめたことからも、新人戦の支部予選に参加するようであれば、注目してみたいと思います。また、男子の湘南学院は1年生が主体だったようです。こちらも注目です。

女子の横三地区を制したのは、1年生主体で進めてきたチームづくりの成果が表れた湘南学院。湘南学院は男女とも気になる存在となりそうです。

なお、横須賀地区については、こちらのアカウントの方が詳しい速報をしていただいています。

横須賀地区高校バスケットボール@wLO1TJ3GbkwWwBz さん
カメゾー@kamezo7777777 さん



【湘南地区】
H30湘南m0716 H30湘南f0716 
■男子
Aブロック 大船 
Bブロック 茅ケ崎
Cブロック 藤沢西
Dブロック 七里ガ浜

■女子
Aブロック 鵠沼
Bブロック 鎌倉
Cブロック 湘南台
Dブロック 湘南工大附

注目は、女子の藤沢西‐鵠沼戦と、湘南‐湘南工大附戦です。年間優秀選手となった小林さん率いる藤沢西と1年生主体で臨んだ鵠沼ですが、鵠沼が27点差で勝っています。インハイ予選では躍進した湘南を、湘南工大附が43点差の大差でやぶりました。女子の湘南工大附は注目ですね。鎌倉も気になります。

男子はブロック優勝した大船、茅ケ崎、藤沢西、七里ガ浜の新人大会支部予選での戦いに注目です。

Tags: 

【高校バスケ】平成30年度西相地区・湘南地区大会組合せ&注目選手

今回は西相地区と湘南地区の組合せと注目選手を紹介します。注目選手に関しては、当アカウントのフォロワーさんに詳しい方がおり、その方からの情報提供になります。ありがとうございます!



湘南地区
湘南地区組合せ

西相地区
西相地区組合せ
@boxscore_24さんのツイートより 

注目選手ですが、フォロワーさんからの情報を元に、男子3選手を挙げたいと思います。立花学園の神谷くん平塚湘風の手塚くん湘南工大附の鈴木くんです。

立花学園の神谷くんはスキルのあるセンターで、ミドル、ゴール下と得点力に優れているそうです。平塚湘風の手塚くんはオフェンス力の高いポイントガードで、関東予選支部予選会で対戦したアレセイアとの試合で、厳しいマークがつく中、20点近く得点したようです。湘南工大附の鈴木くんは、中外問わず、シュート力のあるフォワードとのことです。わたしの注目選手を1名だけ付け加えると、大磯の関﨑くんです。お姉さんが金沢総合で活躍した関﨑 南さん(現 松蔭大)で、お姉さん顔負けの安定感のあるポイントガードです。

なお、男子の湘南工大附は湘南地区大会に出場しません(テッククラシックがあるようです)。

女子は、私の知る限りの注目選手をピックアップします。まずは、鵠沼の天野さん・野坂さん・岩切さん・玉置さん。天野さんは年間優秀選手に選ばれており、鵠沼の得点力を担うセンターフォワードです。野坂さん、岩切さん、玉置さんの3人はジュニアオールスターに選出されたルーキー選手で、特に野坂さんはすでに試合で活躍している”スーパールーキー”です。

中学時代の野坂さんのプレイ


その他、藤沢西の小林さんは年間優秀選手です。恵まれた体格を生かし、中外どこからでも得点できるオールラウンダー。新チームの中心となる選手でしょう。

Tags: 

【高校バスケ】平成30年度横浜地区大会組合せ&注目選手

北相地区に続き、今回は横浜地区の組合せと注目選手を取り上げたいと思います。通称「Yカップ」は、冬の大会は1次と2次がありトーナメントで優勝を競いますが、夏の大会はブロックに分かれての組合せです。



横浜カップ

■女子
先日の【観戦記11】でも書きましたが、年間優秀選手に選出された市ケ尾の原さんは注目選手です。ポイントガードとして重要な「冷静さ」「視野の広さ」「キープ力」があるように感じたのと、プレイの端々に瞬発力・俊敏性といった運動能力の高さが垣間見れました。新チームではチームの中心になることが予想されるので、今後は自ら積極的に得点を取りに行くプレイを望みたいです。

国体選抜選手の中から、170センチオーバーの選手をピックアップしてみます。港北の谷口さん鶴見大附属の寺田さん旭の山瑞さん松陽の市川さん横浜緑ケ丘の佐藤さんです。中でも、寺田さんは180センチとの情報があり、注目したいですね。横浜緑ケ丘の佐藤さんは足元に若干不安を感じますが、プレイに力強さが加われば、県大会の注目選手となる素質はあると見ています。

その他、2年時から試合に出場していた元石川の大曽根さん結城さん山下さんのバックコート陣には期待したいですね。旭の浅井さん宍戸さん高橋さん中村さんが活躍してくると4強復活も見えてくるのではないでしょうか。

【上記以外の注目選手(国体選抜選手)】
港北:渡辺さん
白鵬女子:小林さん・佐々木さん・高野さん
希望ケ丘:松原さん・矢野さん
松陽:矢坂さん・矢野さん
瀬谷西:竹内さん・丸山さん
金沢総合:木内さん・高田さん・直井さん
氷取沢:芦澤さん・狩野さん・古川さん
横浜清陵:今瀬さん・北林さん
横浜立野:木村さん、園畑さん
市立横浜商業:澤中さん

ほかにもいい選手が見つかると嬉しいですね。

■男子
まず、インターハイ予選で8強入りしたチームからピックアップしたいと思います。IH予選3位だった横浜清風の須藤くん・金子くんは間違いなく新チームの中心になる選手です。とくに須藤くんは長い手足を生かしたリバウンドが素晴らしく、IH予選最終日の桐光学園戦では鈴木響希くんの上からリバウンドを奪っているシーンが印象的でした。スリー、ペネトレイトとオールラウンドでの活躍が期待される選手です。金子くんは体格を生かしたゴール下のプレイが魅力です。関東予選の厚木東戦で見せた、勝利を引き寄せるバスケットカウントは見事でした。

次に、IH予選8強の元石川からは石原くん・上条くんに注目です。上条くんは190センチの上背があり、おそらく中心選手となるでしょう。国体選抜選手ではありませんが、西岸くんにも注目したいです。同じくIH予選8強の保土ヶ谷からは星川くんを挙げたいと思います。

【上記以外の注目選手(国体選抜選手)】
市ケ尾:近藤くん・山口くん・米田くん
神奈川工業:渡辺くん
霧が丘:市川くん・伊藤くん・野宮くん
新栄:能見くん
鶴見:田畑くん
桐蔭学園:森田くん
瀬谷西:半田くん
柏陽:滝口くん
舞岡:片見くん
横浜商大:田邊くん
横浜清風:太田くん・木原くん・坂本くん・谷口くん・新野くん
氷取沢:ソアレス吉田くん
横浜清陵:荒木くん・松浦くん
横浜緑ケ丘:立木くん
横浜:遠藤くん・加藤くん・高谷くん・譚くん
横浜学園:齊藤くん・治くん・迎くん
横浜創学館:ジェニングス マリィークくん

その他、横浜商大の鎌田くんも素晴らしい選手です。東海大相模をやぶり、厚木北と激闘を演じた荏田にはサウスポーのいい選手がいました。横浜平沼、市立桜丘にも。横浜地区は挙げると限がないくらい良い選手が多いですね。

新チームの動向、注目選手の発掘と、楽しみな横浜地区大会は、7月14日から始まり、15日・16日の3日間で行われる予定だそうです。公式の発表が待たれます。

※名前等、間違っていたらすみません


Tags: 

【高校バスケ】北相地区の夏季大会組合せ&注目選手

インターハイ予選も終わり、ほとんどの3年生は引退しました。7月の大会からは新チームのお披露目です。11月の新人戦支部予選会、年始の県大会に向けて、今から観ておきたいチームはたくさんあります。この時期も体が1つでは足りないですね(汗)

そこで、北相地区・横浜地区の組合せと注目選手をピックアップしたいと思います。最初は北相地区です。



北相地区組合せ

■男子
まずは北相地区男子の注目選手です。スリーポイントシューターからピックアップしたいと思います。何といっても、シャンシャンこと、厚木東の中島くんですよね。インターハイ前のため、この大会に出場するかは微妙ですが、入り始めたら止まらない”癒し系”シューターです(笑)。その容姿と似つかわしくないプレイを見せて会場を沸かせる中島くんですが、プレイは誰もが認める一級品。声を出してチームをまとめるリーダーシップも見られます。神奈川を代表する選手になってほしいですね。

そして、厚木北の榑松くんを挙げたいと思います。お姉さんは横浜清風出身で、ピュアシューターとしてアーチのきれいなスリーポイントシュートを放つ選手でした。弟の榑松くんもスリーを注目したいと思います。次に、麻溝台の内山くんです。彼も入り始めたら止まらないタイプで、1試合8本くらいスリーポイントシュートを決めてくる能力があります。180センチ以上の上背があり、北相地区で期待される選手の一人です。最後に、東海大相模の蛯子くん。2年時からオールラウンダーの活躍を見せており、スリーポイントもある選手です。相模復活は彼の活躍如何ではないでしょうか。それだけの能力はある選手だと見ています。

麻溝台・内山選手


その他、北相地区国体選抜選手に選ばれた厚木東の阿部くん・山部くん、厚木北の三浦くん・本田くん・谷口くん・久保寺くん、東海大相模の臼井くん・立花くん・及川くん・菅澤くん・田尻くん・小山くん・熊谷くん。このあたりの選手は県大会でも注目される選手となるでしょう。

そのほか、冷静沈着なポイントガードの上溝南の髙橋くん、190センチ台の厚木の積山くん・向上の宇佐美くん、大和南の猪瀬くん、大和の坂口くん、綾瀬西の八木くんも注目したいですね。なお、向上と綾瀬西は初戦で対戦します。

上記に挙げた選手以外にも、きっといいプレイヤーがいるはずです。会場で見つけられればと思います。

■女子
北相女子は相模女子大が優勝候補筆頭でしょう。2年生で試合に出ていた中屋さん、岩村さん、池田さんが中心になると見ています。170センチオーバーの岩村さん、池田さんは県大会でも注目選手になるのではないでしょうか。中屋さんはスリーポイントシュートが入り出すと止まらないタイプです。中、外とバランスの良い布陣が予想される相模女子大には念願のベスト4入り、そして全国大会出場への期待がかかります。

その他の注目選手として、まずはサイズのある選手からピックアップしたいと思います。東海大相模の矢久保さん有馬の新木さん伊志田の川井さんの3人で、170センチ超のサイズがあります。彼女たちが好守でチームの中心になるのではないかと見ています。もう一人、170はなさそうですが、相模田名の熊谷さんも挙げたいです。2年時はPFとして県大会16強入りに貢献しました。

チームとしては、相模女子大の対抗となるのが綾瀬でしょうか。綾瀬は福本さん・杉山さん・吉田さん・藤澤さんが国体選抜選手です。座間からは、尾林さん・庭野さん・市川さん・栗城さんが国体選抜選手として選ばれました。ちなみに、栗城さんは大分・戸次中の出身で(元々は神奈川出身)、大分のジュニアオールスターに選出された選手です。大分の戸次と言えば、全国的に名前の挙がる強豪校で、桜花学園→東京医療保健大の赤木さんの母校でもあります。

その他の国体選抜選手である秦野の武藤さん、向上の大内さん、海老名の松戸さん、上溝南の尾崎さん、橋本の高橋さん、厚木東の内田さんにも注目したいです。

国体選抜選手以外では、インターハイ予選を観たところでは弥栄、東海大相模にサイズある選手やスピードある選手が下級生にいました。楽しみですね。

北相夏季大会は7月14日(土)から始まります。

大会組合せ・日程表

Tags: 

【中学】平成30年度 横浜市中学校総合体育大会バスケットボールの部 男女1、2回戦結果

2018年7月7日(土)に女子1、2回戦、7月8日(日)に男子1、2回戦が行われました。


【男子途中結果】
H30横浜m0708

まず、新人戦の結果を振り返ってみましょう。

優勝:原
2位:山手中華
3位:釜利谷
4位:平楽
5位:東永谷・名瀬
7位:蒔田・上の宮
9位:十日市場・平戸・横浜旭・中山・万騎が原・本郷・東山田・中川西

続いて、選手権予選の結果を振り返ってみましょう。

優勝:原
2位:山手中華
3位:万騎が原
4位:釜利谷
5位:岩崎・平楽
7位:東永谷・蒔田
9位:名瀬・十日市場・中山・上の宮・東山田・本郷・末吉・中川西

過去2大会を見るとトップ2は変動なし。新人戦、選手権大会と神奈川2冠の原が優勝候補筆頭でしょう。「中学生は疲れない」ですからね(笑)。まあ冗談とはいえ、運動量が豊富であることは間違いありません。全中出場を目指し、全国各地のカップ戦で腕試しをしている原には期待したいと思います。

注目選手は#5の高橋くん。とにかく見てください。素晴らしいですね。全国でも観客を魅了するプレイを期待したいです。



その他の注目選手としては、ジュニアオールスターに選出された万騎が原の飯田くんと、釜利谷の佐藤くんを挙げたいと思います。両校ともシードのため4回戦からの登場です。また、ほかにもたくさんの注目選手がいるはずです。実際に会場で観たいですね。


【女子途中結果】
H30横浜f0708

女子はやはり鶴ケ峯が優勝候補の一番手と見ています。過去2大会を振り返ってみましょう。

■新人戦予選
優勝:希望ケ丘
2位:釜利谷
3位:名瀬
4位:山内
5位:鶴ケ峯・戸塚
7位:本郷・洋光台第二
9位:鴨居・大道・南希望が丘・富岡・横浜南・東山田・新田・泉が丘

■選手権予選
優勝:鶴ケ峯
2位:希望ケ丘
3位:山内
4位:釜利谷
5位:本郷・戸塚
7位:旭北・洋光台第二
9位:田奈・泉が丘・旭・東山田・名瀬・平戸・新田・富岡

希望が丘、釜利谷、山内あたりも常に上位に顔を現しています。本郷、戸塚、洋光台第二あたりも含め2番手争いとなるでしょう。

注目選手は、男子同様にジュニアオールスターに選出された洋光台第二の朝比奈さんが最注目選手です。ジュニアオールスターで見せたように全国レベルのプレイは必見です。

その他、鶴ケ峯の#4 佐藤さんも要注目選手です。シュートレンジが広く、安定感のあるプレイが魅力です。自分のタイミングと見るとバンバンシュートを打ってくるタイプで、入ると驚異ですが入らないと流れが掴めない可能性も。JAメンバーの板野さんとともに、チームを引っ張るプレイが期待されます。



その他、JAメンバーだった戸塚の高木さん、佐藤さん、名瀬の逸見さん、三宅さん、山内のジャファリさんを注目選手として挙げたいと思います。

次戦は、7月14日(土)に男子3、4回戦、7月15日(日)に女子3、4回戦が行われます。楽しみですね。

【3、4回戦対戦表】
http://kpjhsbf.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/H30-yokohama-sotai-timetable3.pdf

Tags: