FC2ブログ

【高校バスケ】令和1年関東大会支部予選会 東支部展望

5月1日から新元号となる中、変更前の4月に行われる大会ではありますが、県大会は4月末から5月上旬にかけて行われるため、表記を令和にしました。

4月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)に行われる関東大会支部予選会。1年生が入った新チームとして初の大会となります。そして、3年生にとっては夏の「引退」に向けたラストスパートの時期となります。ここから、インターハイ予選までの1〜2カ月間はあっという間に過ぎていきます。悔いのない戦いを願うとともに、勝ち残ったチームは負けたチームの想いを感じながら戦ってほしいと思います。

各支部の展望をしていきたいと思います。まずは男女東支部の展望からです。

■東支部 男子
H31関東支部_東m 

各ブロックを見ていくと、サレジオ川和神奈川朝鮮の新人大会県大会出場3校が集まるEブロックは激戦が予想されます。その中で注目しているのは中大横浜と川和の1回戦です。中大横浜は、新人大会はあと一歩のところで県大会出場を逃したもののYカップ二次トーナメントに進出しました。この1回戦は好カードですね。

注目となるのは、やはり新人大会県大会出場校です。元石川・桐蔭学園・荏田・市ケ尾・多摩はブロック優勝候補の筆頭となるでしょう。そのほかで、注目したいチームを挙げたいと思います。

Aブロックは生田東。川崎第二大会でベスト4に入っています。

Bブロックは新栄です。Yカップで県大会ベスト8の横浜隼人に競り勝っています。横浜隼人は控えメンバーだったという話ですが、競り勝ったことからも注目したいと思います。新人大会県大会出場で、川崎第二大会優勝の市立川崎との1回戦は好カードと見ています。

Dブロックは日本大学鶴見。まず日本大学ですが、Yカップ2次トーナメントで新人大会県大会出場のサレジオに7点差でした。鶴見は、Yカップ2次トーナメントで桐蔭学園に勝っています。

Fブロックは横浜翠嵐です。こちらもYカップ2次トーナメントで新人大会県大会出場の桐蔭中等を敗っています。


■東支部 女子
H31関東支部_東f 

女子は、新人大会県大会出場の岸根・麻生・川和が入ったeブロックは激戦が予想されます。

aブロックは元石川が筆頭となるでしょう。県大会出場の市立東以外では、横浜平沼百合丘に注目したいと思います。横浜平沼はYカップでは2次トーナメントに進出し、優勝した荏田に10点差でした。百合丘は川崎第二大会で準優勝しました。この2校が対戦する1回戦は好カードとなりそうです。

そのほかのブロックは、新人大会県大会出場の白鵬女子・市立川崎・荏田・法政二・港北・川崎北がブロック優勝の最右翼となると見ています。


Tags: