FC2ブログ

【高校バスケ】令和1年関東大会支部予選会 南支部展望

4月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)に行われる関東大会支部予選会。各支部の展望をしていきます。今回は、男女南支部です。

■南支部男子
H31関東支部_南m

新人大会県大会で、横浜隼人に1点差で敗れた横須賀学院、厚木北に2点差で敗れた横浜、東海大相模に敗れた横浜学園。この3校は各ブロックの優勝候補筆頭でしょう。中でも、横浜はYカップで横浜清風相手に2点差で逃げ切り、優勝しました。この3校は、組み合わせ次第では県8強の実力があると見ています。

それぞれのブロックを見てみると、Fブロックは横浜創学館・聖光学院・市立桜丘の新人大会県大会出場校が集まっており、どこがブロック優勝するか、予想が難しいブロックです。中でも、聖光学院は中学も強くなってきており、今後も注目したいと思います。

そのほか、新人大会県大会に出場した関東学院・保土ケ谷・舞岡・柏陽・横須賀総合・逗葉はブロック優勝の期待がかかります。それ以外では、Yカップで2次トーナメントに進出した横浜立野・金井・氷取沢・市立金沢・関東六浦なども期待したいです。特に、金井はYカップベスト8であり、逗葉との1回戦は好カードと見ています。
 

■南支部女子
H31関東支部_南f 

女子は、新人大会県大会出場の横須賀大津・金沢総合・湘南学院は各ブロックの優勝候補筆頭と見ています。特に、金沢総合はYカップでベスト4入りするなど、県大会での活躍が期待されます。

そのほか、同じく県大会出場の市立桜丘・逗子・三浦学苑・横浜緑ケ丘にもブロック優勝の期待がかかります。Fブロックは横浜立野舞岡が優勝候補と見ています。

Tags: