平成30年度 関東予選神奈川県大会支部予選会 4月8日時点結果

2018年4月7日(土)・8日(日)に行われた関東予選の支部予選会。2日間の結果をまとめました。なお、青枠部分だけ結果がわからない状況です。ご了承ください。また、もし間違いがありましたら、すみません。。。

東支部(4/8時点)
展望記事で注目カードに挙げた多摩‐市ケ尾戦ですが、多摩が勝ったようです。現在、元石川の顧問である内藤先生が在任のころに沖縄インターハイに出場したことがある市ケ尾ですが、まさかの支部予選会初戦敗退となってしまいました。当時のエース選手が今では先生となり、男子の横浜清陵の顧問となっています。対戦することがあったら師弟対決ですね。

女子では、新人大会県大会出場校同士の初戦となった川和-生田戦は川和に軍配が上がったようです。合同b(城郷+田奈)が初戦を勝利で飾りました。次戦、港北-捜真女学院戦は注目したいですね。
東支部0408 

西支部(4/8時点)
向上との対戦が実現すれば好カードと展望記事で挙げた平塚学園ですが、初戦で茅ヶ崎西浜に敗れました。注目のアレセイアは初戦に勝ったようです。

女子の注目カードとした立花学園-平塚江南戦ですが、立花学園が敗れました。またもや初戦敗退。次戦、平塚学園-湘南工大附戦は面白そうなカードです。

西支部0408 

南支部(4/8時点)
注目のEブロックは、予想どおり横須賀学院と横須賀総合が勝ち上がってきました。新人大会県大会出場校同士の対戦となるブロック決勝は注目の好カードです。また、初戦の注目カードに挙げた市立桜丘-湘南学院戦横浜学園-逗子開成戦ですが、市立桜丘、横浜学園が勝ちました。また、新人大会県大会出場の金井が三浦学苑に敗れました。その三浦学苑はブロック決勝で横浜創学館と対戦。横浜創学館には横浜C国体選抜の選手がいますので、面白そうな対戦です。

女子は、市ケ尾・金沢総合に勝ってYカップで躍進した光陵が逗子に敗退しました。その逗子は横須賀大津にどう挑むか。

南支部0408 

北支部(4/8時点)
次戦、男子の注目カードとして挙げたのが麻溝台-厚木戦です。両校とも北相A国体選抜の選手がいます。厚木には190センチある選手がおり、麻溝台の外角がどれだけ決まるかが勝敗を分けそうですね。

女子は次戦、展望記事で挙げた注目カードが実現する。有馬‐東海大相模戦希望ヶ丘-瀬谷西戦の2つです。その他、激戦区fの相模原総合-弥栄戦も注目したいですね。

北支部0408 
Tags: