平成30年度関東大会神奈川県予選支部予選会 観戦記02

2018年4月8日(日)支部予選会2日目、天気は良好。今回、まずは東支部に足を伸ばし、その後、ハシゴで北支部を観てきました。



まず、東支部の会場は麻生高校。天気もいいので新百合ヶ丘駅からてくてくと歩いていくと、到着時には汗ばんでいました。往復で3キロですので、いいダイエットになりそうですね! 観戦したのは女子の荏田-麻生戦です。

【女子】荏田 85-45 麻生
北澤先生から顧問が代わり、気になっていた荏田。小粒の印象がありましたが、Cには小さいもののFでは大きい選手が何人かいて、県大会での躍進が見込めるチームのひとつ。この試合では、センターの#13が活躍していました。ただ、県大会上位になるとやや小さいセンターになるので、ベスト8以上を狙うにはほかの選手の活躍が必須だろうと感じました。#6・#7・#11あたりがその役目を担えそうな選手でしょう。

麻生は一生懸命さが感じられるチーム。#12のゴールに向かう力が良かったですね。

1Q1


1Q2


2Q


3Q


4Q1


4Q2




新百合ヶ丘から小田急線で大和に行き、相鉄に乗換。三ツ境で下車し、瀬谷高校へ。三ツ境駅でお昼を食べようと駅周辺をぐるぐるしたものの、ピンと来るものがなく、そのまま徒歩にて会場へ向かいました。

【女子】弥栄 107-42 柏木学園
新人大会はよもやの支部予選敗退だった弥栄ですが、センターの選手が国体B候補に選ばれた経歴があり、ガード陣も速さがあり、関東予選では注目しているチームです。1Qから大差がつくと、セカンドチーム、1年生チームまで登場。鶴田先生がリクルートしたと思われる1年生には、ガードとセンターにいい選手がそろっていました。センター2人が力を付けてくるとツインタワーになると思われます。今後、注目すべきチームですね。

柏木学園は6名と少数精鋭。疲れも出る中、チーム一丸で頑張っていました。#4はさすがにその番号を背負っているだけに、スピードあるプレイが良かったです。

1Q


2Q


3Q


4Q



Tags: