FC2ブログ

平成30年度関東大会神奈川県予選支部予選会 観戦記03

2018年4月14日(土)、支部予選会3日目。空模様は曇り。午後から北支部の観戦に行きました。まずは相模田名会場、その後、はしごで上溝南会場を観てきました。


相模田名会場では、女子の相模田名-霧が丘戦を観戦。この試合は動画はありません。相模田名には、岩手全中ベスト8入りの相模女子大中学部から進学した選手が2人います。以前、注目選手のプレイ動画記事で取り上げた2人です。

この試合でも、距離は問わず、打てるタイミングがあればスリーポイントを打つという基本は変わらずでしたが、この2人以外の選手で得点できるようになっており、2人のスリー本数はそれほど多くありませんでした。

他の選手で注目は、#8と#12で、#8は北相国体選抜に選ばれた選手です。新1年生からも#13がレギュラーのような感じで試合に出ていました。翌日、きっちり県大会出場を決めた相模田名。新人大会では県大会ベスト16でしたが、関東大会ではどうなるでしょうか。楽しみですね。

一方、相手の霧が丘は少数精鋭。中でも#4の活躍が目を引きました。小柄ながらスピードを生かしたプレイを見せ、攻守でチームを引っ張っていました。


移動して、上溝南会場へ。男子の上溝南を観たかったのと、女子の有馬-東海大相模戦を注目していました。有馬-東海大相模戦は予想通りの好ゲーム。終盤まで白熱した戦いが繰り広げられました。

【男子】上溝南 139-38 愛川
新人大会で久しぶりの県大会に出場した上溝南。2月の国体選抜大会で北相Aに入っていたガード選手を観たく、観戦しました。試合は一方的な展開でしたが、ガードの#8、中心選手の#4と見所は十分でした。相手の愛川も#5がいいプレイを見せていました。

またも逆光で見にくくてすみません。。。

1Q


2Q


3Q1


3Q2


4Q




【女子】有馬 49-48 東海大相模
めきめきと実力をつけてきている東海大相模。迎えるは県大会常連の有馬です。組合せ発表後から、このカードが実現すれば好カードだなと思っていました。有馬は守って失点を少なくし、勝っていく印象のチーム。中心選手は#4と#11です。#4がオールラウンダーに活躍し、相模女子大中学部から進学したセンターの#11がゴール下で頑張ります。

東海大相模はガードの#4、フォワードの#9がチームの中心です。1年生と思われる#12 #17もいい動きを見せていました。国体北相選抜の選手が1名います。

運動量豊富な両チームは最後まで目を離せない試合を展開しました。

1Q


2Q1


2Q2


3Q1
 

3Q2


4Q1


4Q2


4Q3


4Q4


4Q5


4Q6


Tags: