FC2ブログ

平成30年度関東高等学校選手権大会神奈川県予選会 1回戦結果

2018年4月22日(日)、快晴。県大会初日に相応しい天気の中、1回戦男女32試合が行われました。波乱のカードもあり、25度以上の夏日の中、まさに”熱戦”が繰り広げられました。



男子1回戦
何といっても東海大相模の初戦敗退。新人大会4強の県内屈指の強豪校が敗退したことで、第1試合から激震が走りました。かなりのビッグニュースです。

当の本人たち、関係者はもちろん勝つつもりで戦うでしょうが、とは言え東海大相模は4強常連のチーム。県大会初戦で敗退した記憶はまったく思い出せないほどのチームであり、初戦で敗退するとは多くの人が思っていなかったでしょう。アップセットを演じた横須賀学院は、サウスポーの#7が勝負所でスリーポイントを沈めるなどで逃げ切ったようです。

さらに、もう1つアップセットがありました。新人大会8強の元石川が初戦で霧が丘に敗れました。ダブルオーバータイムにまでもつれる大熱戦で、霧が丘が大金星を上げました。

橋本会場】
橋本 57-64 市立高津
上溝南 68-62 桐蔭学園
【茅ケ崎西浜会場】
厚木東 117-55 茅ケ崎西浜
厚木北 83-66 小田原
【湘南会場】
法政二 107-69 保土ヶ谷
湘南工大附 56-109 桐光学園
【市立桜丘会場】
市立桜丘 58-77 神奈川工業
相模田名 70-88 荏田
【横須賀学院会場】
横須賀学院 82-77 東海大相模
三浦学苑 53-55 多摩
希望ケ丘 40-138 横浜清風
厚木 69-100 アレセイア
【逗葉会場】
立花学園 76-87 逗葉
元石川 96-98 霧が丘
【弥栄会場】
秦野 61-69 横浜商大
横浜 111-40 横浜平沼
※神奈川新聞より



女子1回戦
男子と比べ、1回戦で大きなアップセットはありませんでした。ただ、1点差、ないしワンゴール差の試合が3試合あり、女子も熱戦だったことがうかがえます。

橋本会場】
港北 59-48 有馬
百合丘 67-69 山北
【茅ケ崎西浜会場】
金沢総合 51-52 小田原
市ケ尾 70-54 厚木東
【湘南会場】
座間 61-49 湘南
横浜緑ケ丘 67-75 藤沢西
【市立桜丘会場】
市立桜丘 60-59 荏田
大磯 64-82 相模田名
【横須賀学院会場】
横浜清風 89-49 中大横浜
横須賀大津 80-67 白鵬女子
アレセイア 112-58 希望ケ丘
綾瀬 71-47 法政二
【逗葉会場】
元石川 71-37 逗葉
相洋 59-85
【弥栄会場】
弥栄 52-75 鵠沼
秦野 66-89 相模女子大
※神奈川新聞より



【男子2回戦】
厚木東 - 市立高津
横浜 - 横浜清風
霧が丘- アレセイア
上溝南 - 横須賀学院
法政二 - 多摩
逗葉 - 横浜商大
厚木北 - 神奈川工業
荏田 - 桐光学園

【女子2回戦】
アレセイア - 市立桜丘
小田原 - 相模女子大
市ケ尾 - 山北
横浜清風 - 旭
座間 - 港北
相模田名 - 藤沢西
元石川 - 綾瀬
横須賀大津 - 鵠沼

2回戦は4月29日(日)小田原アリーナで4面を使って行われます。2回戦の注目カードは、もうすべてになるんですが、強いて挙げるとするならば、男子は上溝南‐横須賀学院と逗葉‐横浜商大、女子は横浜清風‐旭、相模田名‐藤沢西、元石川‐綾瀬だろう。

特に女子の3カードはすべて再戦。横浜清風‐旭はYカップ決勝の再戦、相模田名‐藤沢西、元石川‐綾瀬は新人大会県大会の8強決めの再戦となります。相模田名‐藤沢西は3点差で藤沢西、元石川‐綾瀬は3点差で元石川でした。今回はどうなるでしょうか。

Tags: