FC2ブログ

最注目カード 厚木東‐横浜清風戦を観て感じたこと

※最初に断りを入れておきます。これはあくまで私個人が感じたことを綴ったものです。

結論から言うと、とても残念な試合でした。横浜清風が負けたから? それは否定しません。あの試合に勝っていれば、応援していた横浜清風はインターハイ出場が見えていましたので。あの試合で残念だったのが以下の2点です。

(1)プレイをする気のない選手に対し、執拗にフェイスガードをした
(2)さらに、守備をする選手が手のひらで攻撃する選手の視界を遮る行為をした

この2点です。

(1)について。攻撃側の選手からは明らかに攻撃する意思が感じられませんでした。それにもかかわらず、フェイスガードをしていました。「プレッシャーを弱めると攻撃に参加されてしまうから、常にかけ続けざるを得なかった」。そういった理由からかもしれません。

そこで思い出されたのが、甲子園で”5連続敬遠”をされた松井秀喜選手でした。「ストライクを投げると打たれてしまうから、ボールを投げ続けた」。勝つために勝負を避ける作戦です。「勝つために普段はやらない作戦をする」という意味でも近いと感じました。

コートの隅で棒立ちし攻撃する意思を表さない選手、これはバットを持たずにバッターボックスに立つのと同じだなと思いました。バットを持っていないのだから打たれることはない、なのにボールを投げ続ける。

どうなんでしょう……

守備側の選手はルールに違反していません。何も反則は犯していません。

確かにそうです。(1)だけなら、まだ我慢できました。しかし、攻撃する意思のない選手に対して(2)を行い、攻撃側の選手を”挑発”するような行動をしたのです。

あれはダメだと思います。モラルの問題です。非常に残念でした。

守備をする選手は中学時代、ジュニアオールスターに選出されました。激しい守備が得意な厚木東の中にあって、特に守備が上手な選手だと認識していました。事実、前回の関東予選の試合では、横浜清風のスピードある選手からテイクチャージを取るシーンがありました。だからこそ、特異な作戦をせずに普通にプレイしてもらいたかったのです。

執拗にフェイスガードをする。これは裏を返せば、攻撃側の選手がそれほど攻撃力の高い選手だったということなのですが、力の限り攻めて、持っている力をすべて出して守る。力と力のぶつかり合い、そんなシーンが観たかった。何の違反もしていない、ルールに則った作戦だったとしても、相手に配慮することは必要だったのではないでしょうか。相手に敬意を払わなかった。それが残念だった点です。

昨年のウインターカップ、厚木東は大躍進を果たしました。全国ベスト8です。たくさんの人が応援していたし、わたしも観ていてとても感動しました。選手が代わったとはいえ、そんな誰からも応援される「厚木東」だけに、残念な気持ちが倍増しました。

横浜清風の3年生は引退をするようです。とても残念です。これが率直な感想です。

Tags: