FC2ブログ

【高校バスケ】平成30年度横浜地区大会組合せ&注目選手

北相地区に続き、今回は横浜地区の組合せと注目選手を取り上げたいと思います。通称「Yカップ」は、冬の大会は1次と2次がありトーナメントで優勝を競いますが、夏の大会はブロックに分かれての組合せです。



横浜カップ

■女子
先日の【観戦記11】でも書きましたが、年間優秀選手に選出された市ケ尾の原さんは注目選手です。ポイントガードとして重要な「冷静さ」「視野の広さ」「キープ力」があるように感じたのと、プレイの端々に瞬発力・俊敏性といった運動能力の高さが垣間見れました。新チームではチームの中心になることが予想されるので、今後は自ら積極的に得点を取りに行くプレイを望みたいです。

国体選抜選手の中から、170センチオーバーの選手をピックアップしてみます。港北の谷口さん鶴見大附属の寺田さん旭の山瑞さん松陽の市川さん横浜緑ケ丘の佐藤さんです。中でも、寺田さんは180センチとの情報があり、注目したいですね。横浜緑ケ丘の佐藤さんは足元に若干不安を感じますが、プレイに力強さが加われば、県大会の注目選手となる素質はあると見ています。

その他、2年時から試合に出場していた元石川の大曽根さん結城さん山下さんのバックコート陣には期待したいですね。旭の浅井さん宍戸さん高橋さん中村さんが活躍してくると4強復活も見えてくるのではないでしょうか。

【上記以外の注目選手(国体選抜選手)】
港北:渡辺さん
白鵬女子:小林さん・佐々木さん・高野さん
希望ケ丘:松原さん・矢野さん
松陽:矢坂さん・矢野さん
瀬谷西:竹内さん・丸山さん
金沢総合:木内さん・高田さん・直井さん
氷取沢:芦澤さん・狩野さん・古川さん
横浜清陵:今瀬さん・北林さん
横浜立野:木村さん、園畑さん
市立横浜商業:澤中さん

ほかにもいい選手が見つかると嬉しいですね。

■男子
まず、インターハイ予選で8強入りしたチームからピックアップしたいと思います。IH予選3位だった横浜清風の須藤くん・金子くんは間違いなく新チームの中心になる選手です。とくに須藤くんは長い手足を生かしたリバウンドが素晴らしく、IH予選最終日の桐光学園戦では鈴木響希くんの上からリバウンドを奪っているシーンが印象的でした。スリー、ペネトレイトとオールラウンドでの活躍が期待される選手です。金子くんは体格を生かしたゴール下のプレイが魅力です。関東予選の厚木東戦で見せた、勝利を引き寄せるバスケットカウントは見事でした。

次に、IH予選8強の元石川からは石原くん・上条くんに注目です。上条くんは190センチの上背があり、おそらく中心選手となるでしょう。国体選抜選手ではありませんが、西岸くんにも注目したいです。同じくIH予選8強の保土ヶ谷からは星川くんを挙げたいと思います。

【上記以外の注目選手(国体選抜選手)】
市ケ尾:近藤くん・山口くん・米田くん
神奈川工業:渡辺くん
霧が丘:市川くん・伊藤くん・野宮くん
新栄:能見くん
鶴見:田畑くん
桐蔭学園:森田くん
瀬谷西:半田くん
柏陽:滝口くん
舞岡:片見くん
横浜商大:田邊くん
横浜清風:太田くん・木原くん・坂本くん・谷口くん・新野くん
氷取沢:ソアレス吉田くん
横浜清陵:荒木くん・松浦くん
横浜緑ケ丘:立木くん
横浜:遠藤くん・加藤くん・高谷くん・譚くん
横浜学園:齊藤くん・治くん・迎くん
横浜創学館:ジェニングス マリィークくん

その他、横浜商大の鎌田くんも素晴らしい選手です。東海大相模をやぶり、厚木北と激闘を演じた荏田にはサウスポーのいい選手がいました。横浜平沼、市立桜丘にも。横浜地区は挙げると限がないくらい良い選手が多いですね。

新チームの動向、注目選手の発掘と、楽しみな横浜地区大会は、7月14日から始まり、15日・16日の3日間で行われる予定だそうです。公式の発表が待たれます。

※名前等、間違っていたらすみません


Tags: